オーダーメイドという選択について

お子さんの体格、通学時間、お子さんが他のお友達と違うことを気にするかどうかなど考慮の上、こだわりを持って選んだオーダーメイドは一生の思い出となることを解説しています。

ランドセルでできること

オーダーメイドという選択について

ついこの間生まれたばかりだったお子さんが、いつのまにか笑って、立って、歩いて、ちょっと生意気にりくつをいうようになった・・・。

なんて感慨にふけっていると、もう小学校入学まではあっという間、という時期になっています。

小学生と言えば、なにはともあれランドセルを買わないと!ですね。

一生に一度しか使わないし、でも6年間使うものだし、悩むところですが、その選択のひとつに既成のものではなくオーダーメイドを選ぶという方法があります。

その際には、ランドセルは大きさも形もある程度定型のものなので、どういう注文を具体的にしたいのか、どの部分にこだわりたいかよく考える必要があります。

例えば、本来白い裏側の部分やステッチも全部好みのカラーにする、この種類の革でこの色ではできないのか、はたまたどこの店、メーカーに発注するのか、追加料金の有無など。

しかし、既製のものでも十分色々なデザインがありますから、その中からお子さんの好みに合うものを選ぶことも出来ます。

フィットちゃんランドセルオンラインショップのようにネット上で気軽に選ぶことも出来ますから、ご覧になってみてください。

ただ注意する点は、低学年のうちは体力がないため重いランドセルはかなり負担ですので、お子さんの体格、通学時間などを充分考慮し、また、お子さんが他のお友達と違うことを気にするのかどうか、お子さんの性格なども考慮の上、決められると一生の思い出となるランドセル選びができることうけあいです。